白根神社について

鳥居正面
007_1024

古くは戦国時代より白根の集落の守り神として、
上杉家家臣より諏訪大明神として勧請されたといわれています。
1600年代後半には集落が白根町と呼ばれるようになり、
1868年に白根神社と改称され現在の名称となりました。
その後1890年には白根大火で旧社殿が焼失しましたが、
1908年に再建され現在にいたります。 また1923年には上諏訪木諏訪神社、
1964年には魚町事比羅神社をそれぞれ合祀致しました。

境内社

稲荷神社
稲荷神社
三山神社(月山、羽黒山、湯殿山)
R0010771